WEB予約

マルモブレストクリニック

当院は原則予約制です

受付時間 8:30~ 休診日 木・土午後 日祝日

診療時間

  • 午前診 9:00~12:00(月~土)
  • 午後診 16:00~18:00(月・火・水・金)

WEB予約はこちら

閉じる

  1. ホーム
  2. 乳腺の病気とは

乳腺の病気とはInfomation

乳腺症(にゅうせんしょう)

乳腺外来を訪れる患者さんの中でもっとも多いのが乳腺症(にゅうせんしょう)と呼ばれる乳腺の状態です。 乳房の痛みや硬結やしこりを訴えて受診されます。 ストレスなどによる女性ホルモン(エストロゲン)の変動が深く関与しているとされています。30歳代から40歳代の女性に多いのですが、閉経期の方も少なく有りません。 腫瘍が否定されれば治療の必要は有りません。

嚢胞(のうほう)

乳腺の中に小さな袋が出来て液体が貯留した物を嚢胞(のうほう)と呼びます。超音波検査を行うと多くの方で見つかりますが、診断は容易で殆どの場合処置を要しません。腫瘍との鑑別(区別)がつかない場合は穿刺細胞診を行い内容物を調べます。

乳腺線維腺腫(にゅうせんせんいせんしゅ)

良性の乳腺腫瘍で頻度が多いのが乳腺線維腺腫(にゅうせんせんいせんしゅ)で若年者にも見られます。複数個や両側の乳房に見られる事も有りますが、確実に診断された場合は、余程大きくならない限り切除せず経過観察となります。

乳管内乳頭腫(にゅうかんないにゅうとうしゅ)

乳頭(乳首)からの黄色や時に血性の分泌で気づく事が多く、母乳を運ぶ乳管の中に小さな腫瘍が出来ます。良性腫瘍ですが、時に非浸潤がんを合併する事があるので注意が必要です。

乳がん(にゅうがん)

乳腺に発生した悪性腫瘍が乳がん(にゅうがん)と呼ばれます。 発生頻度が増えていますが、早期発見し治療を受ければ治癒する事ができますので、定期的に検診を受けましょう。診断技術の進歩で 極めて小さな状態で診断出来るようになってきました。手術治療だけではなくてそれぞれのがんの性質を詳しく調べて、特性に合った再発予防治療(術後補助療法)を行います。